DA:I 招かれざる客DLC感想(ネタバレ無)

終わりました。最後のDLC。

一言で言えば「ありがとうBioware」なんだけども。

このDLCは絶対買った方がいい。謎が解けるから。

色々な疑問点などがほぼ解消される。(新たな疑問も沸くが)

そして大体、全部のキャラのお話が個別に聞けて超楽しい。

こいつがここで登場なのかよー!!とテンション上がる場面もあり。

バンターも戦闘シーンに被らないように工夫されててちゃんと聞ける。

離席している間に会話はじまってたー!とか苦情が多かったのかなw

又、進め方によっては(タロットカードの状態?)ちょっと衝撃的な事になるキャラもいて、びっくりした。

ボリューム的にはハコン並みか、ちょっと少ないか?

けど会話量、ムービーシーン量、凄い多い。落ちてる本も面白い。

 

※以下、ソラロマ審問官で自分の目で確かめたいというかたは見ない方がいいかもしれない(ネタバレではないとおもうんだけど憶測できちゃうかもだから)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして私はソラス大好きなのでソラスの事なんだけど、今回は納得できた。

納得できたというか、最初のあのいきなり突き放される状態みたいな喪失感は感じなかった。しっかり説明してくれて、自分の立場や考えを話してくれた。

だからすごい納得。

 

けど、実はソラロマは終わってない!

すんごい含みを持たせて続きは次回作でね!みたいな!(と、解釈した)

なんだよこのやろう!商売上手だなこのやろう!買います。

日常

私のゲーム画面をいつもちゃっかり背後から監視している奴がいる。

息子だ。

だから彼は自分がやっていないゲームの事も色々知っている、そして彼は私が知らない事も色々知っている。

ある日

私「スナイパーライフルかっこいいけどブレるなぁ」

息子「呼吸が整うのを待って。それか息を止めて照準が合ったところで撃つ」

私「君、どんな10歳なんだよ」

(私はそんな事教えた覚えもないし、第一知らなかった)

 

またある日

私「ああ~ソラス~」

息子「ソラスは悪い奴じゃないけど、説明しなさすぎだよね、全部自分だけで考えて審問官に何も説明しないところが駄目なところだと思う」

私「お。おう」

もちろん彼はゲームをプレイしていない。していないけどかなり部分の話を理解していた。すげーな。

 

彼は私より魂が古いんじゃないかと思う事が多々あって、考えとかが悟ってるというか、年相応でない部分があるなぁ。もちろん年相応なクソガキな部分もちゃんとあるのだけども。人間の成長というのは非常に興味深い。

甘すぎるコーヒーを飲んだときの気持ち

甘いコーヒーは好きなはずなのに、今日は何故か受け付けないな。

 

さて我が家ではカレーライスが禁止されていた。

月に2回くらいカレーライスの日だったんだけども、息子が「またカレー?」って発言したのをきっかけに私がブチ切れて「もう一生カレーは作らないからな!」と宣言したのだ。私は1回決めた事は絶対やりとげるのだ。それじゃなきゃ北海道から親戚も誰も居ない、仕事も決まっていない状態で上京なんてできない。人はそれを無鉄砲と呼ぶかもしれないけどな。

話は戻ってカレーライスなんだけども、Myダーリンはカレーライスが大好きらしい。日曜日は家に来てご飯を一緒に食べるのだけど今回の件に関しては一切ノーコメントを貫いていた。フォローも一切無かった

(例えば「俺はカレー食べたいな」とか言うとか)

だからその事に対しても私は怒っていたので、もう本当に一生カレーは作らないと思っていたのだが、先週末本当に行事が重なって忙しくてとうとうカレーライスを解禁してしまった。約半年ぶりかな?しらんけど

そしたらいつもは黙ってストレッチをしているか撮り貯めたビデオを見ているか寝ているかしかしないMy彼氏殿が一生懸命居間を片付けたり、テーブルの周りを綺麗に整えたりしてお手伝いしてくれていた。

なんかそれ見ながら、私は私のくだらん一時の感情でこの人の楽しみを奪っていたのかなと思うと猛烈に悲しくなって、反省した。

お酒と私とビールとワインと私(つまりお酒)

昨晩、某7時から11時までやっていそうなコンビニに免許不携帯を理由にビールの購入を断られた訳ですが、帰り道私は若干泣いていた。お酒が無いまま家に帰るなんて!!しんじられない!!マジ群青!!

もう既に断られた事が悲しいのか、お酒が飲めない夜が悲しいのか、外人に乳首の事をコッソリ言われてたのかが悲しいのか意味不明になっていた。

だいたいあの絵のな、乳首のところな、まぁ私も若干きになって肌色で塗りつぶそうとしたんだよ。

そしたらな、ニップレス貼ってるみたいになって自分でも超ニヤついちゃったくらいなんだよ!

おかしいだろソラスがニップレスとかさ!そんなことでいちいち言われてたらマジむかつくー

もっとドエロい絵UPしてやろうかーえぇ? とか一人でドエロい事を考えながら歩いていた。

 

そして家に帰ると、息子がゴロリの声真似をしながら

「ワクワクさぁ~ん!今日はどんなゴミを作るんだぁ~い?」

とか言って来たので私は超悲しい気持ちでいっぱいになった。

 

「息子よ!ゴロリはそんな悲しい事は言わない奴だぜ?どうしてそんな事を言うの?」

 

「これ、ママがこの前言ってたギャグだよ」

 

 

私は聞こえなかったフリをしてそのまま部屋に戻り黙ってPS3の電源をつけた。

 

今日はマスエフェクト3をやるんだ。ついに積みゲーを開封するときがきた。

やってみたら思いのほかアクションゲームでまいった。私はアクションゲームが超絶苦手である。

けどお友達と遊びたい一心でDiablo3とかモンハンとかやってたけどはっきりいって超下手糞で、どのくらい下手糞かというと、ボタンを都合2個しか使ってなかったり、lootしてると皆に置いていかれるので、全く何も拾わないで一生懸命付いていくだけとかいうポンコツ具合なのだ。

多分動作の何もかもが遅いんだと思う。

そんな私がマスエフェクトですよ。RPGだとおもったらアクションだったので困った。

マウスならなんとかできるんだけど、コントローラーでやるああいうゲームには全く慣れていないので誰も居ない空中に向かって一生懸命銃を撃ちまくってたり、壁に向かって前転を繰り返したりして(意図していないのに)

案の定息子に馬鹿にされて悲しい気持ちになったのでした。

 

だから私にはビールが必要なんです、はい。

ローズマリーの花が咲いたよ

DSC_0088

ローズマリーを植えてから3年

はじめて花が咲きました!

ローズマリーの花って紫だったんだね!

買ってきたときは10センチくらいの小さくてカワイイ苗でしたが

冬を何度も越して、私の放置プレイにも負けずに大きく大きく育ちました。

小さい木みたいにモジャモジャに生えております。

 

 

DSC_0091

これは今一番お気に入り「ブラックバード」くん

色合いがとても好き。

アサシンっぽい。葉っぱのデザインというか、全体的な格好が大好きなのだ

引きで撮るのを忘れました

 

 

kokedama 

去年の夏に息子が作った苔玉くん

猛暑にも負けず、寒い冬にも負けずにベランダで越冬してくれました。

 

 

DSC_0089

 

DSC_0090

花たちも今日雨が降ったから嬉しそうです

ゾンビがきらい。 「H1Z1をプレイ」

 

H1Z1というサバイバルゲームをやってみた。

最近流行のゾンビの世界で生き残る系だ。

最近流行のアーリーアクセスだ。

 

2015-01-19_00012

まず、ゲームを始めると森に生まれる。

キャラクターはオッサンしか作れない。だけどTシャツだけはランダムだ。

ランダムだけど大体アンジェラアキ系だ。

ここから生き残るための冒険がはじまる

 

続きを読む ゾンビがきらい。 「H1Z1をプレイ」

ナチオのHulu道

もう12月なのです。

2014年ももうすぐ終わっちゃうんです実は。

今年の私は夏くらいから体調があんまり良くなくて、大好きなビールとかモヒートとかを全然飲めなかったのですごい悔しいです!!!

流行の最先端を行く私は11月にインフルエンザにも罹ってしまいまして、その時にやられた気管支炎で未だに咳が取れなくて、大好きな泡盛とか焼酎とかが飲めなくて悔しいです!!!

つまりお酒が飲みたくなる体でいたいです!!

 

まぁそんなわけでHuluなんですが、もうずっと一番初めから加入しているので色々見ているつもりではいるけど、実はあんまり見ていないかもしれないHulu。

映画とか全然ミテナイナー。ドラマばっかりですね。

そんな洋ドラの中で私が独断と偏見で選んだ適当なことを書き留めたいと思います。

 

「印象的なオープニングのドラマ」

 

Huluで配信されている洋ドラの中でこれは良いと思ったオープニングを持つ作品をチョイス

洋ドラは続けて見るのでオープニングはスキップしちゃうか、最近はそれ自体がほぼ無い作品も多いけど、たまに「ほほぅ」とおもわせる作品もあってすごいですね。

 

アメリカンホラーストーリー

作品の内容を象徴してる。なんかすごい。こわい。怖いって言うか胸糞悪くなりそうな。

なんかこう80年代のB級ホラーちっくなのが底辺にちょびっとありつつ、

モロ見せじゃないジャパニーズホラーテイストも少しあるみたいな。

そしてエログロい、エロ要素は低めだけど大人向け。

ファーストシーズンは一気に見すぎたせいでその期間は精神が蝕まれていた気がする。

このドラマがすごいなぁって思ったのはシーズン毎に話が全く違うこと。

違うお話なのに所々に前のシーズンにも出ていたキャストが出演している。

もちろん違う役でなんだけど。

同じ人たちで違う話を紡いで行くというのは面白いなと思った。

 

そして見終わった後は若干憂鬱な気持ちになる。

素晴らしい作品なのにどこか胸糞悪い伊藤潤二氏の漫画を読んだ後のよう。

乙女の気持ち。 ~神々の悪戯をプレイ~

なんとなくニコニコで「神々の悪戯一挙放送」をやっていたので、

なんとなくタイムシフト視聴してたら

なんか思っていたよりギャグアニメで突っ込み所満載で、自由奔放すぎる出来だったので

週末にゲーム買ってきてしまいました。

最初色々回ったところで売ってなくて、最終的に川崎のヨドバシで買いましたよ!

個人的な意見として、川崎のヨドバシはかなりマニアックな品揃えで大好きです。

ビックカメラは一般的な人気商品しかないんだけど、ヨドは「こんなのうってるんだ!!」

という商品がいっぱいで大好きです。(ゲームに限らずホビー売り場などでも)

 

fjkky0215

続きを読む 乙女の気持ち。 ~神々の悪戯をプレイ~

乙女ゲームを嗜む。

その昔、アンジェリークというゲームが発売された。

女性向け 恋愛/育成 ゲームのはじまりである。

 

当時私はアンジェリークにド嵌りしていた。

今で言うグッズとかはあんまり無かったので音楽CDとかドラマCDとかしか無かったから良かったと思う。

存在していたら絶対抱き枕とか買っちゃって、乙女を拗らせていたと確信する。

 

光の守護聖ジュリアス (声:速水奨)
闇の守護聖クラヴィス (声:塩沢兼人)
風の守護聖ランディ (声:林延年)
水の守護聖リュミエール (声:飛田展男)
炎の守護聖オスカー (声:堀内賢雄)
緑の守護聖マルセル (声:結城比呂)
鋼の守護聖ゼフェル (声:岩田光央)
夢の守護聖オリヴィエ (声:子安武人)
地の守護聖ルヴァ (声:関俊彦)

 

これを今見ると、声優の豪華さにビビる

特に誰が好きとかは無かったけど、嫌いだったのはマルセルとゼフェルとランディ

理由は「ガキだから」

急に怒り出したり、拗ねたり、はしゃいだり、年不相応にカッコつけたりするのが嫌だった。

当時、自分だって10代だったくせにw

今やって見ると 又当時とは違った感想になるのかもね。いつかやってみようか。

続きを読む 乙女ゲームを嗜む。

もののとらえかた。

中学生のとき、夏が来るのが嫌だった。

プロ野球が始まるからだ。

 

今と違って昔は毎日プロ野球のTV中継をやってた。

延長とかして、9時から見たいドラマとか映画とか時間がずれて嫌いだった。

見たい番組が潰れるのが嫌いだった。

 

そこで私は考えた。

 

野球がこれほど放送されるのはファンが多いからに違いない。

面白いからに違いない、と。

続きを読む もののとらえかた。