甘すぎるコーヒーを飲んだときの気持ち

甘いコーヒーは好きなはずなのに、今日は何故か受け付けないな。

 

さて我が家ではカレーライスが禁止されていた。

月に2回くらいカレーライスの日だったんだけども、息子が「またカレー?」って発言したのをきっかけに私がブチ切れて「もう一生カレーは作らないからな!」と宣言したのだ。私は1回決めた事は絶対やりとげるのだ。それじゃなきゃ北海道から親戚も誰も居ない、仕事も決まっていない状態で上京なんてできない。人はそれを無鉄砲と呼ぶかもしれないけどな。

話は戻ってカレーライスなんだけども、Myダーリンはカレーライスが大好きらしい。日曜日は家に来てご飯を一緒に食べるのだけど今回の件に関しては一切ノーコメントを貫いていた。フォローも一切無かった

(例えば「俺はカレー食べたいな」とか言うとか)

だからその事に対しても私は怒っていたので、もう本当に一生カレーは作らないと思っていたのだが、先週末本当に行事が重なって忙しくてとうとうカレーライスを解禁してしまった。約半年ぶりかな?しらんけど

そしたらいつもは黙ってストレッチをしているか撮り貯めたビデオを見ているか寝ているかしかしないMy彼氏殿が一生懸命居間を片付けたり、テーブルの周りを綺麗に整えたりしてお手伝いしてくれていた。

なんかそれ見ながら、私は私のくだらん一時の感情でこの人の楽しみを奪っていたのかなと思うと猛烈に悲しくなって、反省した。


“甘すぎるコーヒーを飲んだときの気持ち” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.